[相談]
 住宅ローンを組んで中古マンションを購入しましたので、住宅借入金等特別控除の適用を受ける予定です。
 住宅借入金等特別控除の適用を受ける場合の“控除限度額”は、「特定取得」に該当するかどうかで変わるそうですが、私の場合はこの「特定取得」に該当するのでしょうか?
 今回購入した中古マンションの前所有者はサラリーマンで、不動産業者の仲介で購入しました。

[回答]
 「特定取得」には該当しません。

[解説]
 一定の要件に該当する場合には、住宅借入金等特別控除の適用を受けることができますが、この控除を受ける上限額(控除限度額)は、その居住開始年がいつかによって異なります。
 特に、居住開始年が平成26年から平成33年(2021年)である場合、その住宅の取得等が「特定取得」であるか否かによって、控除限度額が2倍異なります。
 具体的には、「特定取得」に該当すると借入限度額は4,000万円となるため、控除限度額は40万円(4,000万円×1%)となるのに対し、「特定取得」に該当しないと借入限度額は2,000万円となるため、20万円(2,000万円×1%)が控除限度額となります。

 この「特定取得」とは、住宅の取得等の対価の額又は費用の額に含まれる消費税額等が8%(又は10%)の税率により計算すべきものの場合が該当します。

 本事例は、売買の相手がサラリーマンですから“個人間の売買”に該当し、消費税は発生しません。そのため「特定取得」には該当しないこととなります。

[根拠法令等]
 措法41、大阪国税局「個人課税関係誤りやすい事例(所得税法関係) 平成29年版」など

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。