[相談]
 平成30年分の年末調整を行うにあたり、気をつけるべき点を教えてください。

[回答]
 平成30年分の年末調整から、配偶者控除と配偶者特別控除の改正に伴い、これまで兼用様式であった、「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」が分かれています。分かれた後の具体的な名称は、「給与所得者の保険料控除申告書」と「給与所得者の配偶者控除等申告書」です。
 また、この「給与所得者の配偶者控除等申告書」は、配偶者控除あるいは配偶者特別控除いずれかを適用する場合に、必ず提出する申告書となっています。
 その他、源泉徴収簿の様式が一部変更され、所得控除の記載箇所が一部変更されています。具体的には、これまで配偶者控除額は、扶養控除額等に含めて<16>欄に記載していましたが、平成30年分より、配偶者特別控除額に含めて<15>欄に記載することとなっています。
 一定のシステムを用いて年末調整をされる場合には、これらの変更点が網羅されているかどうか確認なさると良いでしょう。

 なお、国税庁から公表されている「平成30年分 年末調整のしかた」に詳しく掲載されています。こちらをご参考ください。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。